読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トレチャコフ美術館

今回の旅の目的は中世の修道院にせよ、スターリン様式にせよ建築を見て歩くことにあったのですが、旅の最後になってロシア絵画の世界の豊穣さにも目が奪われました。

モスクワで最初に訪れた美術館はプーシキン記念美術館のヨーロッパコレクション部。

ここは19世紀から20世紀にかけての西欧の画家の作品が展示されています。

誰でも知っているような巨匠たちの作品が並んでいました。

なかでもピカソの青の時代の作品は充実していました。

感想としてはパリでもニューヨークでも、そして東京でも見ることができるおなじみの画家たちの作品なので、とくに目新しいということはありません。

ついで訪れたのがトレチャコフ美術館の本館です。

こちらには中世から19世紀にかけてのロシア絵画が展示されています。

ロシアの画家というのは、ほとんど聞いたことさえありません。

聞いたことがあるのはレーピンぐらいでしょうか。

日本ではほとんど知られていないロシア絵画ですが、これがなかなかインパクトがあります。

洗練された趣味性はあまり感じられませんが、なにより迫力があります。

これに比べたら近代日本の油絵というのは高校のクラブ活動と言い切ってしまうと言いすぎでしょうか。

すっかりロシア絵画に世界に魅せられたので、予定を変更してモスクワ滞在の最終日はトレチャコフ美術館の新館に行くことにしました。

こちらはロシア革命以降、現代までの作品が集められています。

こちらはソビエト・ロシアの激動の歴史に思いをはせながら見ると、より感慨深いものがありました。

八丈なう

今日は八丈島に日帰り弾丸出張 泣

とりあえず仕事はこなしましたが…

帰りの便まで時間をもて余す始末

都内にいると不便なことがここでは当然なんですよね〜

って考えさせられました。

ヤコウタケ

暗くすると光るキノコも見たし…

とりあえず何すればええんやろ?? 笑

蛸揚げ

某ホームセンターで売ってた凧。

ポケットに入れられて、何処でも上げられるそうな。

うーむ、売れるのかな。

これより小さなドローンもあるし…f(^_^;

日本は

■「カバンに子どもが…」 高2女子、新生児を遺棄容疑

(朝日新聞デジタル - 05月18日 11:05)

■旭化成がコンセプトカー 軽量素材で存在感をPR

旭化成がコンセプトカー 軽量素材で存在感をPR

(朝日新聞デジタル - 05月17日 20:28)

リラックマの小皿

今朝、リラックマの豆皿を割った

醤油皿に重宝してたのになあ

サラダ買いにローソン行ったら

お菓子を買ってリラックマ小皿をもらえるので

ハイチュウ3個買ってもらってきた

割ったのとほぼおなじくらい大きさ

とりあえず、これで代用

法隆寺献納宝物四十八体仏。

四十八体仏は52件。

様式ごとに見比べていくのが面白い。

童子童顔は法華経によるもの?

当時法華経は一斉を風靡したし。

N.Y.土産に入浴剤。

エプソムソルト。

(3月1日)