読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

転機

 今日、父が入院しました。最初に病気が出てから10年。長かったです。

 すべては我が家の中での事なので、母も私もくたくたになりました。お金もなくなったし、正直かなりどん底まで落としてくれたなーと思います。疲れた。本当に疲れた。彼氏と会えたことだけが救いだと思います。

 でも不思議なもので、入院するとなったらもやもやしました。延命治療をしないことになったらもっと。

 最近は夜、特に彼氏と会って帰ってきた日は特に、穏やかな会話が可能になっていました。

 父の頭はもう壊れているので内容自体は滅茶苦茶なのですが、御飯はあるのかとか、早く寝なさいとか、そういう時は何故か私を案じた事を言うのです。母が寝てるからかえって落ち着くのでしょうか。不思議です。私も何だか妙に優しいっぽいことばかり口から出るし。

 嫌いなはずの父ですが、まぁ、これが親子なんでしょう。非常にいい病院に入れられた事も安心出来ました。たまにはお見舞いに行こうと思います。

 今日の医師からの質問に娘はいないと答えていたようですが、別に私を家族として認識してないわけでも、名前を忘れた訳でもないのでまぁなんとかなるでしょう。しかし私はなんなのかな。

 これで少し流れが変わるはずなので、少し気楽に考えられるようになればいいなと思います。

 あと、努力も必要。取り敢えずは3月1日の出勤から。1月末から休んじゃってるので先生かなり怒ってるはず。でも本当にぐすぐずに崩れるところだったの。雇用の更新しなくていいから、お説教短めにお願いします。

 まぁこれで暫くの間、肩の荷を下ろして息が出来ます。墓場から生き返って光を浴びましょう。全てはそれからです。