読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画「ヨーヨー マと旅するシルクロード」

シルクロード プロジェクト、あのシルクロード アンサンブルのドキュメンタリー映画を観た。

音盤は何枚か聴いているが

(あの有名なピアソラアルバムでピアソラを好きになる)

実際ライヴでは気づいたら毎回ソールドアウトでなかなか観れていない。

その人気の秘密、彼の知性とアイデアと、おそらく人柄を垣間見れるだろう、と。

全く想像通り。

学生時代の僕と同様にバーンスタインの言葉や彼から「答えのない問い」多分に影響を受けたという。

ウー マンの言葉「円。地球は一周したら再び同じ場所に戻ってくる」

ちょうど『ノルマ』で古代ヨーロッパ半島のガリアの地に想いを馳せていたところにガリシア地方のバグパイプに似たガイタ演奏家、クリスティーナ パトが魅力的。

若い頃マはその音楽、チェロの音に「声がない」と批判された。

確かに線が細く、クラシック音楽よりモダーンやアートとのコラボレーションや、クロスオーヴァー的なものが得意で合うのでは、という一般的なイメージ。

それを覆しはしないが、2時間の演奏会と演奏会。点と点を繋ぐ様々な線を認識できる、貴重なドキュメンタリー。

こういう想いやメンバーだからこそ、あの興奮の坩堝を実現できるのだ。