読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不謹慎かも?だけど・・・面白くなってきた、、、!!!森友学園問題

異例ずくめの土地売買・・・

なんでも俺には不可能は無い・・・???

単なる独裁者ですね!!!

日本の父となっていただきたいのに・・・こんなことをしていて何になるの

真の指導者になっていただきたい!!!

真の独立国に導いてもらいたい・・・切に切に願うものだ、、、。

以下全てを引用した。

□■□■【反骨の元外交官が世界と日本の真実をリアルタイム解説】

■□■

□■ 天木直人メールマガジン2017年3月2日第176号

■ 

 =============================================================

   萩生田官房副長官が暴露した安倍首相のとんでもない強気

 =============================================================

 森友学園疑惑追及の国会中継を見た私が一番驚いたのは、安倍首相の

答弁ぶりだった。

 その論理破たんやウソもさることながら、私が一番驚いたのはその強

気の発言だ。

 ここまで追い込まれているのに、悪いのはそっちの方だと言い返して

いる。

 その姿は、とてもまともな政治家とは思えない。

 いや、政治家どころか、まともな人間の姿ではない。

 そう思っていたら、きょう発売の週刊新潮3月9日号に、安倍首相の

側近中の側近である萩生田光一官房副長官の暴露発言記事が掲載されて

いた。

 萩生田官房副長官といえば、野党の国会対応を、「田舎のプロレス」

と茶化して批判された人物だ。

 その萩生田議員が、国会審議をストップさせて申し訳なかったと安倍

首相ン謝罪した時の事だという。

 安倍首相は、萩生田議員にこう言ったという。

 「萩生田くん、あんなの謝っちゃダメだよ。何も違っていない」と。

 この安倍首相の強気発言にはさすがの萩生田議員も驚いたという。

 そのことを萩生田議員は2月17日の夜に新宿京王プラザホテルで開

かれた自ら主催のセミナーでしゃべったというのだ。

 驚くべき暴露発言である。

 安倍首相はどこまでも強気であるということだ。

 ということは、今度の森友学園疑惑も、何があっても辞めないという

ことだ。

 そうであるならば、野党は国民を目覚めさせて、国民の怒りで安倍首

相を引きずり降ろさなければいけない。

 いまこそ野党共闘の正念場である(了)

以上引用お仕舞!!!