読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3月24日 ¨最近、Xケンが全く動かない¨(T_T)

ガロスペの大会が終わり、かなりノンビリとした日々を送っています。

残念ながら大会では、大した結果を残せませんでしたが、本人曰く「まぁ〜、そんなもんじゃない、逆に勝ってたら問題あるしょ?」と、開き直ってますね。

野試合たくさん出来たので、楽しかったらしいです

HDを立ち上げて、部屋も建てて放置です。

すると、フレンドの二人が入って来ました。

リュウ・Xバルログと、なかなかヤル気が出るキャラクター構成です。

今回は、Xキャミィで対戦です。

キャミィの理由として、地上戦を重視したいと云う話です。

まずはXバルログ戦、近代バルログ的な動きですが、基本的に危ない行動をしない割には、戦法はエグイ事は当たり前にするので面倒です。

でも、キャミィ使ってて、意外と対バルログ戦は勝ってるとは思います。 (何でかは解りませんが)

次は、対Xリュウ

HDは、リュウを使う人が、たくさん居るので、かなり修行しました。

ちなみに、このリュウを使う人は、色々なキャラクターを使うので、かなり器用系ですね(笑)

昔から、よく対戦しますけど、基本的に勝率は五分五分的な感じですね。(キャラクター相性が極端な組み合わせは無理ですが…)

実力も、普通な状態の自分と互角でしょうね。

ちなみに、過去の¨Xリュウキャミィ¨の戦績は、五分か?、少し敗けてる位です。

基本的に、勝てないリュウは、どこぞの茶リュウ位かなぁ?

まぁ、話は戻りますが、対戦が始まり、かなり波動の押し方がキツイですね。

あまりフーリガンは入らないと云うか、完全に警戒されている感じなので、やはり歩き方・間合いの詰め方を工夫しないと、駄目みたいです

差し合いは、あまり期待出来ないが、なるべく画面端には追い詰めたいのが、こちら側の戦略です。

踏み込みのタイミングを、少しずつズラシながら、波動の撃ち方を探る。

ある程度な撃ち方と、傾向が判ってきたので、今度は、こちらの攻める時間

地味な差し合いの時に、安定させていた手段に、すかさずフーリガンを入れていき、今度はフーリガンに警戒し出したら、歩き投げ・キャノンを入れたりと、相手の呼吸が判ると、何でも入りますね(笑)

約100試合近くして終了。

押したみたいだったが、終わってみると互角な戦績でしたが、やはりXキャミィ使っての地上戦は楽しい。