読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「ツイノベ」にまつわるあれやこれや

Twitterの140字以内で小説を書く、「ツイノベ」というのがある。

人によっては、複数のツイートに渡って書いたものも「ツイノベ」としていたりするが、自分の考えでは、1ツイート内で作品になっているものが「ツイノベ」だと思っている。

複数のツイートによって成り立っている作品は、たんにTwitterで分割して発表している掌編小説だと思っている。

ここらへんは、人によって「ツイノベ」の定義が違っていて。

まあ、その人の定義で書けばいいんんじゃね、って感じかな。

「ツイノベとは、こうあるべきである」みたいな議論とかなっても面倒だからねえ。

んで。

ツイート制限が「140字」ということから、毎月14日を「ツイノベの日」と称して、お題を出しているアカウントがある。

調子がいいときは自分も参加して、そのお題で作品を書いたりする。

お題が発表されるのが、当日になってからだったりするので、考える時間は24時間なく。

出来れば、前日ぐらいに発表してくれると考える余裕があるのになあ、と思ったりしているのだが。

ま、個人がやっている、ちょっとしたお祭りみたいなものだから、そこはしょうがないかと諦めてる。

実際、この「ツイノベの日」にどれだけの人が参加しているのかちゃんと確認したことはないのだけど、そのアカウントのフォロワーは約1000で、たぶん毎回2桁以上の人が作品をつくっているようで。

よくもまあ、参加者は短時間で作品を書きあげるものだな、と。

内容的には、好みの作品もあれば、合わない作品もあったりするが。

さて。

その「ツイノベの日」アカウント、今月はお題をツイートしなかった。

アカウントのなかの人、4月になって環境が変わって、辞めてしまったのか。

たんに飽きてしまったのか。

体調を崩したなどのトラブルに遭ってしまわれているのか。

理由はわからないが。

「来る、来る」と思っていたものが来なかったので、なんか拍子抜けの気分。

それはそうと。

「ツイノベ」で検索してみたところ、診断メーカーを使った「twnovelお題ったー」なるものをみつけた。

名前を入れて、診断ボタンを押すと、日替わりで、2つの単語と1つの行動が表示される。

つまりは、「三題噺」のお題提示、というわけ。

何か話を考えるときのとっかかりを、というためにつくられたんだろうけど。

たださ。

「ツイノベ」でお題が3つはきつくないか、と。

お題を入れ込むだけで一杯で、作品として面白い話はつくりづらいと思うんだけど。

実際にこれを使って作品をつくってないから感覚でしかないけどね。

というか、上記の理由から、前向きに使ってみようって気にならないんだよねえ。

自分の場合、「ツイノベ」は、その短さ故に「ショートショート」的なオチのある話を書きたくて。

正直、140字以内で、お題を3つも使って、さらにオチをつけて、って難しすぎて。

納得できる作品を書ける自信がない。

……まあ、でも、これ使って、それでも自分が納得できる作品が書けるようになったら、相当ツイノベをつくるスキルがアップしてるだろうなあ。

いや、けど、本当に難しいぞ、これは……w