読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

珍し過ぎるカップ戦

前節は吹田さんのACL出場に伴い試合開催無しになりましたので、久し振りにルヴァン杯がありました。

メンバーが珍し過ぎるので、試合を見たくなってハブ吉で映像を見てきました。

水曜夜に磐田なので、アウェイ側は東京サポが密集している以外はあんまり人はいませんでした。

ただハブ吉はそれなりに混んでいました。

スタメンはカップ戦仕様で、

FW永井

MF翔哉・アベタク・姉さん

  草民・高萩

DF柳・山田・吉本(C)・室屋

GK大久保(択)

と、この時点から珍し過ぎです。

リザーブには波多野くんや内田くんもいて、平均年齢はかなり若いです。

磐田側もまた、世界のナカムーラを休ませたりカップ戦仕様です。

トップチームの公式戦で出ている選手はレベルの違いを見せ付けますが、連携面で課題がありました。

守備陣が即席メンバーなので、前線にボールが入ると怖いなぁ…と思っていたら案の定。

アーリークロスからのアダイウトンのヘッドを大久保が一度は弾くが、こぼれ球を直ぐ様小川が流し込んで先制しました。

さらにはPA内でのアダイウトンとの1対1で大久保が倒してPK献上&レッドカード。流石に赤紙は辛いと思いましたが、判定は覆りません。

姉さんがバーンと下がり10人になって、波多野くんがゴールマウスに入ります。

先制点の小川がPKを蹴り、これが決まって2点差です。

10人になって4−4−1になってからの方が皮肉にも、ケツに火がつき動きが良くなったようにも見えました。

この日のセットプレーは全部翔哉が蹴っていました。

山田くんの高さに合わせるCKは非常に珍しかったです。

もっと珍しいのは、ゴールポストを3回叩きました。

翔哉の直接FKは、ポストを叩きました。

翔哉のシュートは磐田の選手に当たってコースが変わり、ポストを叩きました。

後半からウタカが入りますが、独走からのシュートはゴールポストを叩きました。

ただウタちゃんが入りさぁこれからだって感じさせた矢先に、磐田の猛攻を食らいました。

セカンドボールをことごとく拾われ繋がれ、さっきの小川がまたまたゴール。

U−20世代のエースがハットトリックを達成して、773監督はご満悦でした。

ただPKとこの失点以外では、GK波多野はよく弾き出していたと思います。予想以上にファインセーブのパンチングが多かったです。

このまま終わると洒落にならないので一矢報いて欲しいと願っていると、翔哉のCKから吉本が頭で1点返します。

そのとき吉本メーターは、カップ戦なので稼働しません

吉本は緊急事態ながらも、ゲームキャプテン兼ディフェンスリーダーとしてフル稼働していました。

ロスタイムは4分有りましたがむしろ磐田の時間帯でした。試合はそのまま3−1でホームの磐田が勝ちました。

90分の間でこんなに色んな事が起こる試合は、珍し過ぎます。多●川クラシコだってここまでは有りません。ある意味刺激的な試合でした。

今回はメンバーをいじり過ぎたカップ戦なので、敗戦を引き摺らないとは思いますが、日曜日のリーグ戦に向けてしっかり調整して貰いたいです。