読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

名物

毎朝駅までの道で追い抜く女学生。必ず独り言をつぶやきながら歩いている。

追い抜きざまに聞いてみると、教科書の英文の暗誦とかではなさそう。

ラノベなのか、彼女のオリジナルストーリーなのか…そんな感じ。

まあ、クルマには気をつけて歩いてほしい。

そういえば、その道(ガードレールなし)を毎朝爆走する迷惑な外車がいつの間にか来なくなったな。今まで通行人をはねなかったのが不思議なくらいだった。